TOP

泣きぼくろがとてもセクシーな風俗嬢といやらしく遊んだ時の体験談です。

錦糸町でお気に入りの風俗嬢は持たない主義

錦糸町で風俗を利用するときはいつも指名する子、いわゆる「オキニ」はあまり作らないようにしているんですよね。お気に入りになるような子がいないってことじゃないんです。オキニを持つよりも、毎回違う女の子と気楽にその場だけの時間を楽しむ方が自分の性格に合っているんじゃないかなと思うんですよね。
それに、錦糸町の風俗っていろんなジャンル、バリエーションがあるじゃないですか。更にはそこに女の子たちがいるんです。いろいろな女の子と楽しみたいって思っているので、自分にとっては風俗は毎回違う女の子にしておいた方が無難というか理想というか(笑)
もちろん風俗の楽しみ方は人それぞれだと思うので、他人がどうやって楽しんでいるとしてもあれこれ言うつもりは全然ないんです。それぞれが好きに楽しめるのも風俗の魅力だと思うんですけど、自分としては風俗に関してはオキニを持つのではなく、その日その時の気分で好きなように楽しむくらいが一番良いんじゃないかなって思っています。それでこれまで錦糸町で満足させてもらってきたんですし。

風俗での初体験もまた、楽しいもの

とあることを錦糸町の風俗にて初体験してきました。それは男の潮吹きというものです。AVでは今では割とよく見かけますかね。そこから広まって風俗でも見かけるようになったようで、自分も是非楽しみたいなと。マゾとしてはどんなものなのか試してみたいなって思ったんですよね。
それで風俗に行って実際に試してみたんですけど、やはりこれは風俗嬢のテクニックが要求されるものですね。イくまでは同じで、そこから更に刺激を始めるんです。その際、自分は快感よりもまずはくすぐったい気持ちに襲われたんです。だから彼女は意地悪をしているというか、そもそも間違えているんじゃないかと思ったんですよね。でもそこから徐々にですけど、快感が割り込んできたんです。そして更には何かが込み上げてきて、これは出るなと。
そしてそう思ってからあっという間に潮が出てきました。快感なのかどうかは分かりませんが、思い切り出すことによって解放感のようなものはありましたね。それこそが男の潮吹きの魅力かもしれません。